TOEIC

TOEIC

TOEIC

TOEIC

TOEICについて

TOEICを取り巻く環境として、最近は入社するための基準や昇進する基準として
TOEICスコアが何点以上必要だから、勉強するという人が増えています。


TOEICですが、スコアだけが必要か、実務で必要か、TOEICだけでなく
英会話力も必要という場合は、勉強方法が異なります。


実務で使うことは皆無だが、会社でTOEICスコア○○○点以上必須という人には、
英会話学校のTOEICや英検などの資格コースがお勧めです。


少人数制というところを選んで、通うのがいいですね。
その人それぞれの弱点を集中して指導を受けることができます。


英会話学校とオンライン英会話スクール

リスニングや発音を上達させるには、時間に縛られる英会話スクールへ通うという方法ありますが、
自宅で好きな時間に学ぶことが可能なオンライン英会話スクールという選択肢もあります。


TOEICで良い点を取るためでしたら、オンライン英会話スクールで十分効果が期待できます。


TOEIC専門学校

TOEIC専門校のある先生が、「TOEICでコンスタントに高い得点を取るやり方はわかっていますが、
英会話の方はそんなに話すことができない」というような事を著書で公表していらっしゃいます。


ですからTOEICの高得点を取ったからといって、英会話もぺらぺらになるというのは限りません。

英会話の中でも、教科書的な英語も当然あり、TOEICで十分基礎を学ぶことができます。


また実務において、メールでやりとりするだけの部署や会社に属している人は、TOEICの勉強のみで十分です。


TOEICの英文法

TOEICにおいても、英文法は重要です。
ビジネスに置いて必要な正確な英語力を習得する為には基礎となるからです。


大多数の日本人は、中学・高校と英語を学んできていて、英文法は結構できていることが多いのです。
たとえ忘れていても、学生時代に学んだ気がするというだけで、英文法はすっと頭の中に入ってくるのです。


TOEICテストでは、文法の問題が52問あります。合計200問のテストですので、全体の25%が文法問題になるのです。
重要なポイントは文法問題にあるとも言えるのです。


TOEIC対策本

TOEIC文法対策をうたっている、本も多数出ています。
この本1冊の内容を完全に理解できれば、TOEICの文法セクションで満点を取ることも可能だといううたい文句です。
文法セクションは日本人なら、満点が取りやすいセクションなので、1冊をしっかりやれば十分力が付きます。


TOEICテストは、時間内で全部解くのが、むずかしい試験です。
文法の問題をすらすらと解答できるようになると、時間に余裕ができます。
他の問題を解くことに、時間をより使うことができて、全ての問題を解くことが可能になってきます。


TOEICの英文法と英会話力

日本において、
学校で、友人と会話する時、先生と話をする時、
ビジネス上で、同僚と話をする時、会議の時、上司と話をする時、顧客と話をする時など
自然と言葉を変えますよね。


日本の学校で教えられた文法主体の英語は、上司や顧客と話をする時に十分使えるのです。
それを基礎にして、TOEICの文法を学べばよいのです。


日本語でいうタメ口に当たるような英語(映画やドラマで聞きかじったような俗語)で、
上司や顧客といきなり話を始めたら、それだけで品位を疑われ、解雇されたり、
せっかくの契約取り交わしがだめになる事も十分ありえるのです。


それは、アメリカで3年ほど業務についた、私の経験上から申し上げています。
ですから、TOEICのスコアだけでなく、業務で使う必要のある人は、正確な英会話力を習得する為に、
TOEICの英文法もしっかり勉強してくださいね。


TOEIC このページのトップへ戻る