TOEIC

TOEIC

TOEIC

優れもの商店 >リボ払い借り換え

リボ払いをカードローンに借り換えよう

一括で支払うことができず、リボ払いをしている人も少なくないと思います。しかし今この記事をご覧になっている人は、リボ払いにして後悔している人ではないでしょうか。 そのような人にオススメなのは、低金利の銀行カードローンに借り換えを行うことです。どのようなものなのか確認してみましょう。

リボ払いのメリットはデメリットと表裏一体?

リボ払いの最大のメリットは、一括では払えないとしても毎月の支払額が少なく、余裕をもって返済できることにあります。返済額の元本は一定ですので、計画通りに支払いを行うことも可能です。 ただし毎月支払う際には手数料が必要となり、支払総額でみるととても大きい金額になることが分かります。支払いが緩やかだからといって、支払額をどんどん増やしてしまうと、いつしかリボ払い自体が苦しくなってきて、支払総額を確認するととんでもない金額になってしまうこともあるのです。

支払いがなかなか終わらないリボ払い

リボ払いを利用する人は、一括で支払うことができず、さらに毎月の支払いもできる限り抑えていきたいと考えている人です。 例えば30万円のバックを購入しようとする場合、30万円を一括で支払うことは当然できず、さらに月々の支払いも5万円でも3万円でも難しく、「1万円なら」「5千円なら」と考える方がほとんどです。 「月々の支払いが1万円なら、30か月(2年6か月)支払えばいいだけ」と安易に思ってしまいますが、冷静になればこれが間違っていることは容易に分かります。リボ払いの手数料が入っていませんし、手数料率が18%であれば支払い終わるころにはおおむね総額で37万円ほど支払っていることになります。

金利の低い銀行カードローンに借り換える

通常、リボ払いを利用すると、手数料率は高いところで18%程度となっているのが一般的です。 しかし銀行カードローンでは、大手のものを選べば14%未満の銀行も少なくありません。借り換えを行うことができれば、支払総額でかなり差が出ることは間違いありませんので、活用するほかないと思います。 「私のようなものでも銀行カードローンが組めるの?」と不安になるかもしれませんが、一定の条件をクリアすれば誰でも利用することができます。 特に会社勤めで、他に借金がなく、リボ払い分しか支払っていないということであれば、銀行の審査に通る可能性も十分にあります。 リボ払いの総額が大きくなってきていると感じている人であれば、ぜひ借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

リボ払いの支払いで苦しんでいる人に向けて、楽になる方法についてお伝えしました。 リボ払いは毎月の支払額が少なくすむというメリットもありますが、総額で大きな金額になってしまう手数料率の大きさがデメリットともいえます。 そんな方には支払い負担を軽減させることができる、低金利の銀行カードローンをオススメします。 審査が厳しいというイメージがありますが、一概にいえませんので、まずは審査を受けてみてはいかがでしょうか。
リボ払いをカードローンに借り換え このページのトップへ戻る